アディポネクチンとはどんなもの?

アディポネクチンの基礎知識

メタボリックシンドローム対策やアンチエイジング対策として注目される超善玉ホルモン「アディポネクチン」について、さらに詳しく観点からご説明します。

アディポネクチンのはたらきとは

「アディポネクチン」は脂肪から分泌されるホルモン。

1996年に大阪大学医学部分子制御内科の松沢教授のグループによって発見されました。脂肪細胞から分泌される超善玉物質として注目を集めています。

血管の老化を予防し改善!

アディポネクチンはダメージを受けた血管を修復することができます。

血管の老化は動脈硬化と呼ばれ、「血管がもろくなる」「血管が詰まりやすくなる」「血管が破れやすくなる」といった状態を引き起こし、心筋梗塞や脳出血に繋がる原因に。

アディポネクチンはこれら動脈硬化を引き起こす「単球」の侵入や「マクロファージ」の泡沫細胞化を阻止し、血管の傷を治すことができるスーパーヒーロー!

アディポネクチンの3つのはたらきイメージ

血糖値や血圧などの数値が上がり、血管の内壁を痛めてしまっても、アディポネクチンがケアしてくれます。

インスリン抵抗性を改善&血圧上昇を抑制

私たちは糖分をエネルギーに変えて生きています。この糖分をエネルギーに変換する作業を担っているのが「インスリン」です。

インスリンの量が足りない・効き目が悪いと、糖分をエネルギーに変えられず、余った糖分が血中にあふれ出てしまいます。この状態を「高血糖」と呼びます。

アディポネクチンはインスリンの効きめを良くする力を持っているので、糖尿病の予防・改善に有効とされているのです。

また、アディポネクチンのインスリン抵抗性(インスリン分泌能力が低下すること)の改善能力と血管を広げる作用は、血糖値の状態を改善するだけでなく、高血圧状態(血圧の上昇)をも抑制するとされています。

生活習慣病対策になるアディポネクチン

アディポネクチンには、他にもさまざまな健康効果があります。

脂肪から生み出されるホルモンでありながら、脂肪燃焼を促進したり、代謝向上に貢献したりするアディポネクチン。老化・病気だけではなく、メタボの症状が気になる人にもおすすめできるホルモンです。

肥満に効くって本当?

アディポネクチンの分泌量は、肥満具合とも大いに関係しています。

アディポネクチンにはエネルギー代謝や脂肪燃焼を促進するという側面が期待されていて、研究成果として公表されているものもあるほど。

また、アディポネクチンの分泌量は、その人の内臓脂肪とも密接に関係することがわかっています。「内臓脂肪が多過ぎても少な過ぎてもアディポネクチンの分泌量が減少してしまう」という特性について、理解しておく必要があるのです。

アディポネクチンの
肥満への効果をもっと
詳しく見る

測定方法は?

超善玉ホルモンといわれるくらい健康に注意している人にとっては重要なホルモンであるアディポネクチン。自分はどのくらいの分泌量があるのか、当然気になるところでしょう。

数値を調べようと思ったら、一部の内科で血液検査を依頼すればアディポネクチンの数値を知ることができます。また、近年は人間ドックのメニューとしてチョイスすることができるケースも増えていて、機会があれば年1回は測定しておくといいでしょう。

アディポネクチンの
測定方法をもっと
詳しく見る

薬で摂取できるの?

2018年1月現在で、アディポネクチンを簡単に増やすことができるような薬は、残念ながら登場していません。

しかし、2013年にアディポネクチン受容体を強める「アディポロン」が発見されたことをきっかけに、アディポロン活性化の治療薬の研究・開発も進められています。発見時の発表内容や今後の薬の実現性について、現在公表されている内容をまとめています。

アディポネクチンの
薬についてもっと
詳しく見る

アディポネクチンを増やすおすすめの方法3選

アディポネクチンを
増やす方法についてもっと
詳しく見る

アディポネクチンに関する他の記事