アディポネクチンの分泌を促す成分を紹介

ここでは、エルゴステロールやアントシアニンなど、アディポネクチンが増えるといわれる栄養成分をピックアップ。概要やはたらきなどを紹介しています。

エルゴステロール

エルゴステロールはキノコ類や酵母、麦角などに含まれるステロイドの一種。

植物にとっては動物のコレステロールのようなもので、摂取することで脂肪細胞の肥大化を改善するはたらきがあるという研究結果もあります。

アディポネクチン分泌促進を目的とするサプリメントでも、ビール酵母を原材料に採用している商品が複数あり、血糖値を下げる効果なども期待されています。

アディポネクチンへの
エルゴステロールの
はたらきをチェック

アントシアニン

視力回復の有効性成分として知られているアントシアニンは、抗酸化ポリフェノールの一種であり、ブルーベリーなどの他に黒ウコンにも多く含まれています。

アントシアニンは血液浄化や毛細血管をガードするはたらきなどもあり、メタボリックシンドロームや花粉症への効果も期待される健康成分です。

アディポネクチンへの
アントシアニンの
はたらきをチェック

マグネシウム

マグネシウムはカルシウムと並んで人間にとって欠かせないミネラル成分。

エネルギー代謝やたんぱく質の合成に関係する成分ですが、中でもインスリン分泌を改善する効果は、マグネシウムにより分泌を促されたアディポネクチンがインスリン分泌に働きかけた結果であるともいわれています。

海藻類やナッツ類、豆腐や玄米など比較的普通の食生活でも摂取しやすい成分であることもポイントです。

アディポネクチンへの
マグネシウムの
はたらきをチェック

ポリフェノール

上で紹介したアントシアニンもポリフェノールの一種ですが、抗酸化作用があるポリフェノールはメタボリックシンドロームや老化対策として重要な成分ともいえます。

ポリフェノールを豊富に含む製品の中では、特に杜仲茶や赤ワインが要注目です。

アディポネクチンへの
ポリフェノールの
はたらきをチェック

βコングリシニン

大豆たんぱくに含まれるβコングリシニンは、アディポネクチンを発見した大阪大学の教授も、アディポネクチンを増やす成分として紹介しています。

また、肥満学会でもβコングリシニンによってアディポネクチンが増えるというレポートが出されています。

アディポネクチンへの
βコングリシニンの
はたらきをチェック

アディポネクチンに関する他の記事