アディポネクチンに期待される効果

生活習慣病などにアディポネクチンが
どんな効果をもたらす?

糖尿病をはじめとする生活習慣病など、アディポネクチンの効果が期待できる病気や、アディポネクチンのはたらきをご紹介します。

糖尿病

日本人の糖尿病患者のほとんどは2型糖尿病。これは遺伝の影響もありますが、後天的な生活習慣の乱れによる部分が少なくありません。

アディポネクチンにはインスリン抵抗性を改善するはたらきがあるという報告も。その予防や改善効果について説明します。

アディポネクチンの
糖尿病へのはたらきを
詳しく見る

【データ】アディポネクチンが血糖値を下げた実験結果

京都府立大学でのマウス実験で、アディポネクチンが血糖値を下げるという結果が得られました。

実験内容をわかりやすく説明し、アディポネクチンのはたらきや血糖値を下げるメカニズム効果を紹介します。

アディポネクチンが
血糖値を下げるはたらきを
詳しく見る

【論文】アディポネクチンと糖尿病の関わりを示す論文まとめ

注目のホルモン・アディポネクチンと糖尿病の関係について調査・研究している論文が複数発表されています。

それらの中から5つの記事をピックアップして、専門知識がなくてもわかるように要約・解説しました。

アディポネクチンと
糖尿病に関わる論文を
詳しく見る

動脈硬化

血液中の脂肪分が増加することで、動脈内部が狭まったり血流が悪化したりすることにより、将来的な脳や心臓の深刻な病気のリスクを上げる動脈硬化。

冠動脈疾患との関係も含めて、アディポネクチンの動脈硬化に対して期待される効果を紹介しています。

アディポネクチンの
動脈硬化へのはたらきを
詳しく見る

メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームとは内臓脂肪が基準値を超えて増加した状態のこと。そして、アディポネクチンは内臓脂肪が増えると分泌量が減ってしまう性質があります。

内臓脂肪量とアディポネクチンとの関連性と詳しくお伝えします。

アディポネクチンの
メタボリックシンドロームへの
はたらきを詳しく見る

高脂血症

血液中の中性脂肪やLDLコレステロールの増加による高脂血症。

アディポネクチンには中性脂肪の消費や善玉コレステロールの増加へのはたらきがあり、高脂血症への効果が期待されます。

アディポネクチンの
高脂血症へのはたらきを
詳しく見る

高血圧

大阪大学の研究によると、アディポネクチン濃度の低い人は高血圧になりやすいという負の相関関係があるとのこと。

高血圧対策で期待できるアディポネクチンの効果を紹介します。

アディポネクチンの
高血圧へのはたらきを
詳しく見る

肺疾患

肺の血管のダメージ修復や呼吸器機能の正常化など、肺疾患に対するアディポネクチンの効果を調べてみました。

アディポネクチンの
肺疾患へのはたらきを
詳しく見る

尿路結石

アディポネクチンは血管だけでなく尿路結石の症状にもはたらきかけるようです。その仕組みを説明した論文を紹介します。

アディポネクチンの
尿路結石へのはたらきを
詳しく見る

がん

さまざま調査研究によって、がん細胞と脂肪細胞とは関係があるともいわれています。

すべてのメカニズムが解明されたわけではありませんが、乳がんや骨髄系白血病とアディポネクチンとの関係が確認できたというレポートもあり、注目したいところです。

アディポネクチンの
がんへのはたらきを
詳しく見る

関節炎

アディポネクチンは関節炎の予防としてよい影響を与えることがわかっています。間違えられやすい関節リウマチとの違いも解説しています。

アディポネクチンの
関節炎へのはたらきを
詳しく見る

アディポネクチンに関する他の記事