人体におけるホルモンとは

成長や体調維持などに不可欠!
人体にとってのホルモンとは

アディポネクチンは善玉ホルモンの1種。そもそもホルモンとは何なのか、どんなはたらきをしてどんな効果をもたらすのか…そんな基礎知識を解説します。

ホルモンのはたらき

ホルモンとは身体のいろいろな器官や組織にはたらきかける分泌物で、見つかっているものだけで100種類以上、そしてまだまだ未発見のものもあるようです。

成長時に分泌量がピークを迎えるホルモンや、高齢になると分泌が少なくなるホルモンなどもありますが、全般的にはバランスよく分泌されるという特性があり、ホルモンバランスが崩れてしまうような状態は要注意ともいえます。

詳細ページでは、ホルモンの基本的な定義や「からだの恒常性を保つ」というもっとも重要なポイントなどを中心に、その概要をまとめました。

人体における
ホルモンのはたらきを
詳しく見る

どんな効果がある?

ホルモンのはたらきや身体におけるメカニズムなどを理解しやすいように、代表的な「甲状腺ホルモン」「副甲状腺ホルモン」「ステロイドホルモン」の3つをピックアップして、その効果を説明しています。それぞれどういった特性があって、我々の健康にとってどのような影響を及ぼすのか、詳細ページでご覧ください。

なお、ホルモンは分泌が足りなくても過剰になっても病気などの要因となることがあります。正常に分泌してくれれば健康維持に役立つものであり、不調を感じた場合などホルモンバランスが崩れているということも考えられます。

人体における
3種のホルモンの効果を
詳しく見る

男女で差はある?

男性ホルモンと女性ホルモンと呼ばれるホルモンがあり、それらは男女それぞれの身体的特性にも大いに関わっています。その代表的なものが男性ホルモンならテストステロン、女性ホルモンならエストロゲンです。

その役割や影響、分泌量の変化などについて説明しています。

人体における
ホルモンの男女差を
詳しく見る

ホルモンの分泌量を調整するには

ホルモンの分泌量は健康的な状態であれば原則的にバランスよく分泌されるようになっています。

種類によっては成長期に分泌が増えたり、睡眠時に分泌が増えたり、高齢になると分泌量が減ったりするものもありますが、特定のホルモンに限定して分泌量を増やすということはできません。

ただし、数あるホルモンの中には関連性を持っているものもあり、あるホルモンの作用が別のホルモンの分泌を促したり、逆に抑制するといったはたらきもあります。

ホルモンの分泌量の
調整方法について
詳しく見る

アディポネクチンに関する他の記事