アディポネクチンを増やすには-食事編

アディポネクチンを増やすのに
おすすめのレシピ3種

アディポネクチンを増やす効果が期待できる、おすすめのレシピを紹介しています。

重要なのは、アディポネクチン分泌促進に役立つ成分を必要量摂取すること。中でも、特にアディポネクチンの分泌量を増やすとされているマグネシウム、食物繊維、βコングリシニンの3つの栄養成分を手軽に摂ることができるメニューをピックアップしました。

アディポネクチンを増やす
食事のメニューを
詳しく見る

アディポネクチンは脂肪から分泌するホルモンで、その分泌量は内臓脂肪の量に影響を受けます。

アディポネクチンを増やす食事のコツ

暴飲暴食や偏食、過度な飲酒などはもちろんNGを前提ですが、メタボ対策として食生活を見直す際には、基本ルールとして憶えておきたい食事のポイントがあります。それは以下の4つです。

生活スタイルにより食事を摂る時間が不規則な人や外食が多い人、付き合いの酒席が多い人は、すべてをクリアするのは難しいかもしれません。

それでも、食生活でこの4点を意識し、外食でもファストフードではなく和定食を選ぶなど簡単な工夫を積み重ねれば、少なからず好影響が期待できるでしょう。

[コラム]
内臓脂肪は多くても少なくてもNG

内臓脂肪が少ないガリガリ体型になってしまうと、脂肪細胞から分泌されるアディポネクチンの量が減ってしまうのはわかりやすいと思います。しかし、反対に内臓脂肪が肥大化し過ぎてしまっても、細胞が正常に働かず、アディポネクチンの分泌量が減ってしまうのです。

より多くのアディポネクチン分泌を期待するには、適度な内臓脂肪がある標準体型であること。そう、メタボ対策になるといわれるアディポネクチンを増やすには、生活習慣を整えて内臓脂肪を適正量にする(標準的な体型=BMI22を保つ)のが最短の方法なのです。

アディポネクチンに関する他の記事