アディポネクチンと同様の働きをする成分

アディポネクチンの魅力はダイエット効果や血管の修復作用。難点は分泌量のコントロールが難しく、安定した効果を得にくい点です。

このページではアディポネクチンと同様の成分の中から、安定した効果を持つものをご紹介しています。成分の作用も解説しているので、食材などを選ぶ際の参考にしてください。

カルニチン

カルニチンはアディポネクチンと同じように脂肪燃焼を促す働きがあり、ダイエットや健康をサポートする成分として注目されています。
カルニチンは食事から取り込んだ脂質をミトコンドリアに運ぶ役割を担い、効率よくエネルギーに変える作用を持っている成分。カルニチンによって生成されたエネルギーは体を動かすために使われ、疲労回復を早めてくれるので疲れづらい体を作り上げてくれるでしょう。

アディポネクチンと
似た成分「カルニチン」
の効果を詳しく

ヒスチジン

ヒスチジンは脳内の満腹中枢に働きかける成分です。「よく噛んで食べると食欲を抑えられる」という働きは、ヒスチジンが分解・腐敗して生成されたヒスタミンによるもの。よく咀嚼することで栄養成分の吸収率を高め、いつもの食事より少ない量で効率よくエネルギーや栄養を摂取できます。結果的にダイエット効果に期待が持てるのです。

アディポネクチンと
似た成分「ヒスチジン」
の効果を詳しく

カプサイシン

カプサイシンは脂肪だけでなく糖分の燃焼を促進する働きがあり、体全体のエネルギーの消費を増大させる効果があります。エネルギーの燃焼が促進されると、体がポカポカと温まり、血流改善も起こり、さまざまな連鎖反応が期待できるのです。疲労回復の効果もあるので、「活力が落ちたな…。」と感じた方は積極的に摂取すると良いでしょう。

アディポネクチンと
似た成分「カプサイシン」
の効果を詳しく

共役リノール酸

共役リノール酸はあまり耳馴染みがない言葉ですが、筋肉の成長を増進させる働きによって体の基礎代謝を上昇させる働きを持っています。少しの運動でも脂肪を燃焼しやすい体を作り上げてくれるので、体を鍛えている人たちやフィットネス業界の人から注目を集めている成分です。
脂肪燃焼を促進する役割として似ている、アディポネクチンとの違いを見てみましょう。

アディポネクチンと
似た成分「共役リノール酸」
の効果を詳しく

レジスタントスターチ

レジスタントスターチは、食物繊維と同じように小腸内では消化されない成分なので、大腸にそのまま届きます。大腸に届いたレジスタントスターチは腸内細菌のエサになり、腸内環境を整える効果が期待できるので、便秘解消や血糖値の上昇を抑える効果をもたらしてくれるでしょう。アディポネクチンとレジスタントスターチを比べた詳細もチェックしてみてください。

アディポネクチンと似た成分
「レジスタントスターチ」
の効果を詳しく

アディポネクチンに関する他の記事